アコムへの返済を放置するとどうなる!?

キャッシングベスト3

放置を続けるとどうなる!?アコムへの返済ができない!

アコムで100万円ほど借金をしているのですが、収入が減ってしまい、返済に回すお金がなくなってしまいました。その為、最近は返済をしていない状態なのですが、このまま放置を続けると時効になりますか?給料がUFJ銀行なのですが、給料から強制的に引き出されたりしてしまうのでしょうか?放置を続けるとどうなるのかを教えてください。

法的手段もあり!返済する意思をすぐに伝えましょう!

まず、放置という方法ですが、おススメできません。「放置する=逃げている」と同じです。キチンと返済をしようとしている人がとる行動ではありません。アコムからの信用もなくなって当然です。この先、困っても融資をしてもらえなくなるでしょう。ブラックリストにも登録されてしまいます。もし、キチンと返済したいという思いがあるのならば、すぐに連絡をしましょう。返せない状態でもOKです。返したいけど返せない事を相談しましょう。

このまま放置を続けてどうなるか、それはアコム次第だと思います。連絡を取ろうと電話をしたり、手紙を出したり、それも会社負担の費用が掛かります。悪質な取り立ては禁止されているので、あまり家に来ることもないかと思いますが、家に来るにもアコム負担の費用が、裁判をするにもアコム負担の費用が掛かります。返済してくれない人を最後にどう処理するのかですが、アコムの損失として処理をします。返ってきませんから。そんな人にアコム負担の費用を掛けるだけバカバカしいですよね。

ですが、何もしないで返して貰えないから損失で処理をするなんて甘い事もありません。裁判になるでしょう。裁判での判決の結果で処理をします。放置を続けると、返済をしてもらえていない事実を裁判所にアコムは連絡します。すると、あなたに裁判所から通知が来ます。裁判に行っても行かなくても良いですが、誠意があるなら出頭をおススメします。

出頭したからと言って、TVで見るような裁判所で裁判を行う事はまずありません。余程の場合だけでしょう。基本的にはアコムの人とあなただけで、裁判を行う部屋ではなく、別の待合室のような部屋で話し合いをするだけで済みます。毎月返済できる金額の範囲でどうにかしてもらったり、借金を少しカットしてもらったり、その時によって違いますが、相談に乗ってもらえて、和解する事が可能です。

アコムに関してだけでなく、消費者金融みんなでしょう。返す気が全くないなら、例え訴えられるような事になっても文句は言えませんが、それでも良いなら放置を続ければ良いかと思いますよ。訴えるかどうかなんて、その時の消費者金融次第でしょうし。中には差し押さえも何もなく、そのうち連絡が来なくなったと喜んでいる人もいますが…。私個人から言えば、自己破産より悪質な利用者だと思います。最低かと。

裁判所からの連絡が来るまで、半年から1年くらいは猶予があるでしょう。その間は電話がかかってきたり、手紙がきたり。それも悪質にならないように多くても月に数回程度な事が多いようです。必要以上に連絡してきません。この連絡も取れなくなると、法的手段に出るだけです。できるならば、この電話の時点で連絡をキチンととって、今の状態を説明して、いろいろ相談に乗ってもらうのがベストでしょう。

どちらにしても、返済を少しでもする気があるのかどうかだと思います。もう返済できないならアコムに相談したり、弁護士に相談するなど、方法はたくさんあります。それでも放置を選択するなら、訴えられても、どん底に突き落とされても文句は言えないでしょう。普通に考えれば分かるでしょう。

アコムへの返済をせずに放置したらどうなるの?

アコムなどの消費者金融とは、無担保&保証人なしで、契約者との信用だけでお金を貸して貰っているので、返済日や返済額を守らないと言う事は自身の信用を傷つけると言う事になります。

アコムの場合、返済期日の翌日になっても返済が無かった場合、まず電話で連絡が入ります。1日や2日程度の遅れなら、忙しくてうっかり忘れてしまう人もまれにいるので、穏やかに返済日が遅れている事を知られると言った感じです。返済が遅れた理由をきちんと話し返済を行うか、返済が直ぐに出来ないのなら出来る限り直近の返済が出来る日を伝え、その日には必ず返済を行うようにしましょう。

電話で連絡かつかない・電話で返済の約束をしたのに返済が行われないとなると、2週間程度で今度は郵送で督促状が届きます。督促状が届くまで放置していたとしても、アコムは誠実に対応してくれますから、一刻も早く連絡を入れ返済を行うか、返済の目途が立たないのならアコムの担当者と一緒に返済計画を相談する事にしましょう。

督促状も無視してしまう様なら1~3ヶ月程でアコムは契約者を起訴する事になります。すると今度は裁判所から支払期限の記入された『支払い督促状』が届くので、期日までに全額を支払わないと財産の差し押さえが行われる事になるのです。

また、返済日を過ぎてからの返済額には通常の利息ではなく、遅滞損害金が発生するの年利20%の利息計算となります。例えば、残高30万円で2週間の延滞をした場合、【残高30万円×年利20%÷365×延滞14日=遅滞損害金2302円】となります。そして、返済が遅れたと言う事実は個人信用情報機関にも記載されて数年間は記録が残るので、新しくカードローンやクレジットカードを作る場合に絶対的に不利になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【プロミスより借りやすい!?】審査が心配!?優良サラ金紹介! All Rights Reserved.