デコルテにニキビができる原因は5つあるの?

ニキビは、一般的に顔を中心としてできるのが普通ですが、頭皮や首、デコルテ部分も高発部位です。

デコルテにできるニキビの原因とは?

皮脂

ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ炎症を起こした状態です。

顔だけでなく首、頭皮、デコルテや背中は身体の中でも非常に皮脂の分泌が活発な部分ですので、ニキビができやすいのです。

夏場になり薄着になるとデコルテ部分のニキビに悩む方は多いですが、夏は皮脂だけでなく汗をかきやすく蒸れやすいため、いっそうニキビができやすくなります。

シャンプーやリンス

デコルテ部分にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌以外にも、シャンプーやリンスなどが流しきれていないケースも見られます。

身体を洗った後にシャンプーやリンスをする方は要注意です。

シャンプーやリンスがしっかり流しきれていないと、デコルテ部分についたシャンプーやリンスの油分が毛穴を詰まらせ、ニキビができることがあります。

そのため、おすすめなのはシャンプーリンスは身体を洗う前に完了させてしまう事です。

最後に身体を洗うようにすれば、シャンプーやリンスがデコルテに流れてしまっていても洗い流すことができます。

身体を洗う前に、湯船でしっかりと毛穴を開かせておけばなお汚れが落ちやすく、デコルテ部分のニキビ予防になります。

デコルテニキビはマラセチアが原因の場合も


また、胸や背中にできるニキビの原因ついて、カビの一種であるマラセチアフルフルといった菌が悪さをしていることがあります。

マラセチアフルフルは、皮脂を餌として増殖しますので、菌が原因でデコルテにニキビができているケースは、皮膚科で治療することをお勧めします

皮膚科では抗真菌剤が処方され、菌の増殖が治まることでニキビが軽減することがあります。

マラセチアフルフルが原因の場合でも、もともとは過剰な皮脂が原因ですので、清潔を心がけることが大切です。

ボディソープも、あまりリッチな質感のものは毛穴を詰まらせる可能性がありますので、石けんベースのものや無添加タイプがおすすめです。

ティーツリーオイル配合のものでしたら、菌の繁殖を防止する働きがありますので、ニキビの予防にもなります。

できてしまったニキビはいじるとあとになりますので、ボディブラシやタオルでこすらず、手のひらでやさしく洗うようにしましょう。

デコルテニキビとホルモンバランス


気を付けていても生理前にデコルテにニキビができやすい方は、ホルモンバランスの崩れが原因の場合もあります

生理前のニキビがひどい場合は婦人科や皮膚科でホルモン値の測定をし、バランスが崩れている場合はホルモン剤を服用することで、ニキビが改善する場合があります。

 

 

デコルテニキビの原因とその対処法は?

 

デコルテや胸に出来てしまったニキビですが、冬ならまだ隠れてしまうのですが夏になると露出も増えてくるので気になってしまいますよね。

しかも一回出来てしまったニキビはそう簡単には治りません。

そんなデコルテに出来てしまうニキビが治らない原因とその対処法について述べていきたいと思います。

デコルテのニキビが治らない原因と対策

・ストレス・不摂生など

デコルテに出来てしまうニキビの原因としては、一般的にはストレスとか生活リズムの変化によるホルモンバランスの乱れだとも言われています。

確かにストレスや不規則な生活リズムを繰り返していると、一番最初にお肌や髪の毛に影響が出ると言われています。

ですので、これらが原因でお肌本来の身を守る機能が低下してニキビが出来やすくなっているのです。

しっかりと睡眠を取ってお肌の免疫力を上げる必要があります。

他には脂質の多いものを過剰に摂取した場合にも皮脂が多く分泌されて詰まることにより、ニキビが発生する原因となってしまうこともあります。

→対策

ストレスの場合には、ストレスを感じないようにするのは非常に困難なので、自分に合ったストレス発散方法をみつけましょう。

もし暴飲暴食や不摂生を行っている人は、お腹8分目にしてしっかりと睡眠を取って翌日に備えるようにしましょう。

・入浴時に原因を作っているかも?

入浴に関しては2つ注意したい点があります。

まずひとつめがシャンプーのすすぎ残しが原因で治らない可能性があります。

というのも、デコルテや胸は顔や背中の次には脂が多く分泌されている箇所なのです。

デコルテも顔と同じという人がいるほどに近しい関係なのです。

そのデコルテにシャンプーのすすぎ残しがあることによって、皮脂が詰まってしまいニキビが出来ている可能性があるのです。

皮脂が詰まると、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまいます。

もうひとつが、体を洗う時にナイロン製のボディタオルを使っていませんか?

ナイロン製のボディタオルは、洗う時にはとても気持ちがいいのですが余分な脂まで落としてしまいます。

洗顔時にも言えることなのですが、必要な皮脂まで落としてしまうと少しの雑菌などにも影響を受けて余計に肌荒れが酷くなってしまうのです。

→対策

必要以上に洗う必要はないので、しっかりとデコルテ周辺をすすぎましょう

どうしても忘れがちな人は、顔を先に洗ってから体を洗うなど、洗う順番を変えてみてもいいかもしれません。

ボディタオルはなるべく天然の物を使用しましょう。

最後に


せっかくお洒落をしても、デコルテや胸にニキビやぶつぶつがあると台無しです。

好きな服を着て自信のある自分でいるためにも、デコルテを綺麗に保っておきたいですよね。

わたしはストレスに思い当たることがなかったのですが、お風呂でしっかり洗うようにしていました。

キレイに洗っているはずなのにどうしてニキビが治らないんだろう、とずっと思っていたんです。

そこでお風呂でのすすぎを念入りにして、顔につける化粧水をデコルテ部分までしっかり塗って保湿するようにしたところ、デコルテのニキビがなくなりました。

洗いすぎはNGで、保湿が大事だとよくわかりました。

治らない原因は自分が作っているかも知れません。

ほんの些細なことが原因となっている場合があるので、自分の一日の行動を意識して原因を探してみてくださいね。