あごに吹き出物ができる原因を調べてみたら4つあるかも!!

吹き出物対策ケア必見!

吹き出物はどこに出来ても嫌な物ですが、あごに出来るものは大きく、治りにくいんですよね。

思春期には額や頬によくできるニキビですが、成人女性に多いのはあごニキビです。

なぜ成人女性にあごニキビが出来やすいのでしょうか。

【ホルモンバランスの乱れ】

PMSの症状が重い方に多いのが、ホルモンバランスの乱れによるものです。

男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす作用があり、女性ホルモンのエストロゲンの働きが悪いと、女性でも男性ホルモンの影響を受けてしまい、皮脂の過剰な分泌により、毛穴詰まりを起こし、詰まった毛穴に雑菌が繁殖し、激しい炎症を伴う大きなニキビになってしまうんですよ。

ホルモンバランスはダイエット、ストレス、睡眠不足などの影響で簡単に乱れてしまいます。

キツすぎる運動や食事制限は止め、ストレスの軽減やリラックス、睡眠不足解消を心掛けましょう。

【肌ストレスは吹き出物を招く】

吹き出物が出ると、洗い残しがあるのではないかと思い、つい過剰な洗顔をしてしまいがちです。

過剰な洗顔は肌ストレスになるばかりか、肌に必要な皮脂までもを奪い、肌トラブルの原因となってしまいます。

月に1~2回程度のピーリングは吹き出物予防にもなるのですが、多すぎるピーリングやスクラブを使った洗顔では肌にダメージを与えてしまい、吹き出物が出来やすく、治りにくくなってしまいますので控えましょう。

吹き出物が気になるからと言って、マスクをする方も居ますよね。

でも、マスクに触れる事で肌刺激となり、治りが悪くなってしまいます。

無意識に触ったり、頬杖をついてしまうのも同様です。

患部を清潔に保つための洗顔は大事ですが、早く治したいと思ったら、必要以上に触れない事が大事です。

【間違えた紫外線対策をしている】

紫外線が吹き出物の原因となる事は有名ですよね。

だからと言って、強力な紫外線対策を行えば良いというものでもありません。

SPFやPAの高いものは、それだけ肌にも負担がかかりますので、紫外線に当たる時間と相談し、適切な強さの物を選ぶようにしましょう。

日本の日照時間を考慮すれば、SPF30(約10時間)もあれば十分です。

日焼け止めには紫外線を吸着するタイプの物と、紫外線を跳ね返すタイプの物がありますが、肌に負担の少ないのは、紫外線を跳ね返す方になります。

肌を守るために紫外線対策をしっかりと行っているつもりで、肌に負担を掛けないようにしましょう。

【肌質の勘違い】

あごは意外と皮脂腺の量が多い部位です。

脂浮きがあるからといって、自分が脂性肌だと思い込んではいませんか?乾燥肌が進行したインナードライでも、肌の脂浮きは起こるものです。

ひどい乾燥肌なのにオイリー肌用のスキンケアをしていたのでは、肌のゴワつきや皮脂の過剰分泌により、吹き出物も出来やすくなってしまいます。

脂性肌による脂浮きなのか、インナードライによるものなのかを間違わないようにしましょう。

見極め方は簡単です。

洗顔後に10~15分程、スキンケアを行わずに放置してみて下さい。

その結果、肌が乾燥しているのか、脂浮きが始まっているかで見分ける事が出来るんですよ。

肌にツッパリ感がでて、脂浮きが起きていないようなら乾燥肌によるインナードライ、早くも脂浮きが始まっているようなら脂性肌です。

あごの吹き出物は大きくなりやすく、一度できると繰り返し再発しやすいものですので、原因を特定し、再発しにくい肌を目指しましょう。

 

ニキビの原因、チェックすべきこと5つ

 

大人になっても悩む人が多いのが、顎にできるニキビです。

頑張ってスキンケアをしているはずなのに、なかなか治らず困っているという人もいることでしょう。

そこで顎ニキビのできる原因についていま一度考えてみましょう。

ホルモンバランスの影響

まず顎という部位は「男性の髭が生える所」ということからも分かるように、男性ホルモンの影響をとても受けやすい部位です。

ですからストレスなどによりホルモンのバランスが乱れると、ニキビが非常にできやすくなります

ホルモンバランスの乱れは肌のターンオーバーにも影響を与えますから、古い角質が剥がれずに毛穴を塞いでしまうといったことが起きやすくなり、ニキビを発症しやすい肌環境になるというわけです。

洗顔のすすぎ残し


また、洗顔時の洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因になります。

洗顔の中でも、とくにフェイスラインというのはすすぎにくく、すすいだつもりになっている人が多い部位のひとつです。

洗顔料の成分というのは肌に残ると刺激となり、ニキビの原因になりますから注意が必要です。

外的刺激

さらに外的刺激による原因というものもあります。

実は顎というのは無意識に手で触れていることが多い部位です。

髪の毛が長めの人は顎に髪の毛が触れるという人もいるでしょう。

また布団や枕・タオルなど日常生活において肌に触れるものはたくさんありますよね。

それらのものが擦れること自体が刺激になることはもちろんですが、特に肌に触れるものが不衛生だと雑菌などが繁殖しやすくなりニキビを悪化させることがあります

乾燥

そして以外に多いのが、間違ったスキンケアによる乾燥が原因のニキビです。

ニキビができるとスキンケアとしては皮脂対策が大切になりますが、皮脂を取ることばかりに注意が向いて、さっぱり・すっきりとしたスキンケアになりがちです。

そのようなスキンケアを続けると肌の保湿が十分に行われず、肌のバリア機能が低下します。

すると乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるようになるのです。

皮脂の過剰分泌はニキビの原因になります。

生活習慣


他にも外食が多いといった食生活の乱れ睡眠不足など、生活習慣もニキビの原因になります。

特に大人ニキビの代表格といわれる顎ニキビは、ひとつの原因でニキビができるというよりは、いくつかの原因が重なってできることが多いのも特徴です。

顎ニキビが気になるようなら、生活習慣やスキンケアの見直しはもちろんですが、生活面や仕事面などで精神的に無理をしていないかといったことも、ちょっと立ち止まって考えてみるといいかもしれません。